【保存版】 お掃除をするときの心構え

掃けばいいだけ。
拭けばいいだけ。

そんな気持ちで適当に掃除をやっていませんか?

もし、そんな気持ちで掃除をやっているのなら、とてももったいないですよ。なぜかというと、理由は簡単です。

掃除は、気持ちや意識の持ち方1つで、運をよくしたり、自分磨きになったりする最高の作業だからです。

では、どのような意識や気持ち(心構え)で掃除をすればいいのか。少しスピリチュアルな話を混ぜながら簡単に説明をしますね。

お掃除の心構え3箇条

1.明るく楽しく

お掃除をするときは、明るい気分で楽しくするのがポイントです。

なぜ、明るく楽しい気分で掃除をやった方がいいのかというと、明るく楽しい気分で掃除をすると、体の中の『楽しい波動引き寄せスイッチ』がオンになり、天空を流れる楽しい波動を引き寄せることができるからです。

もちろん、こんな非科学的な話は信じちゃいけません。信じると、本当に楽しい波動を引き寄せて、楽しいことが起きちゃいますから☆

心構え2つ目は、これです。

2.魂のある生き物

掃除の対象物(例えば、便器や床)を何だと思って掃除をしていますか?

おそらく『単なる物』だと思って掃除をされているのではないでしょうか。これは、掃除をしている姿を見ればすぐにわかります。

四角く区切られた床を丸く拭く。
物を動かさずに掃除機を掛ける。
掃除で動かした物を元に戻さない。

もし、あなたが掃除の対象物だったら、そんな掃除をされたらどんな気持ちになるでしょうか。

「丁寧に拭いて欲しいな・・・」
「元の場所に戻して・・・」

なんてことを思うのではないでしょうか。

これを機に、掃除の対象物へ接するときの思いを変えてください。

掃除の対象物を『物』だと思わない。
掃除の対象物を『魂のある生き物』だと思って掃除をする。

そうすれば、丁寧な掃除になるだけでなく、心を込めた掃除ができるようになり、自分磨きにもつながります。もっと言えば、掃除の対象物が喜んで、長持ちをしてくれたり、心のこもった丁寧な掃除を見た神様が御褒美をくださるかもしれませんよ☆

3.感謝の気持ち

掃除をさせられている。
めんどくさい。
掃除をしてやっている。

このような気持ちで掃除をすると、体の中の『マイナス波動引き寄せスイッチ』がオンになり、マイナス波動をバンバン引き寄せてしまいます。その結果、「ついてない・・・」みたいな不運が次々と起きる『涙涙の負のスパイラル』にはまってしまいます。

住まいの掃除は、避けることのできない仕事なので、諦めて気持ちを切り替えましょう。

掃除をさせていただいている。

という感謝の気持ちでやる掃除に切り替えましょう。そうすれば、感謝という名のプラス波動が体から放出されて、この世を流れるプラスの波動を引き寄せることができますよ。

ちなみに、感謝は、この世で最強のパワーを持つ『愛』の次に位置する強い言葉です。

そんなに強いパワーを持つ言葉を掃除に生かさないなんて、超もったいないです。

「そんな話、信じないよ」

なんて人がいたら、感謝の気持ちゼロで掃除をしてください。感謝という名のプラス波動は、この世に無限に流れているわけではないので、残しておいてくれたら、ぼくが遠慮なくいただきます。幸せは、いくらあっても邪魔にならないので☆

心構え3箇条のまとめ

『明るく楽しい気分で』『掃除の対象物を魂のある生き物だと思い』『掃除をさせていただいているという感謝の気持ち』で掃除をする。

この3つを意識して掃除をするだけで、運がよくなったり、自分磨きにつながったりします。その結果として、人生の流れがよくなります。

この話は、信じて得をすることはあっても、損をすることはないと思うので、ぜひ、信じて掃除に励んでみてください。

あ、念のために言っておきますが、本当に運がよくなったり、人生の流れがよくなったりしても、ぼくは責任とりませんよ☆

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

facebookブログ更新情報等を配信中

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

綺麗が大好きな変人掃除魔です。住まいの掃除だけでなく、心や体などを綺麗にする自分磨きにも励んでいます。ときには真面目に。ときには不真面目に。基本的には『楽しい記事』を意識してブログを書いています。

RANKING参加しているブログランキング


TWITTERわか先生公式ツイッター稼働中!