掃除の基礎知識『汚れと洗剤の性質&相性』

「この汚れには、どんな洗剤が効くんだろう?」

掃除をしていると、こんな疑問がわくことってありませんか?
そういうときは、汚れと洗剤の性質&関係を少し学べば、どの洗剤が効くのかわかるようになりますよ。

汚れと洗剤の性質&関係は、とても簡単です。
簡単にサクッと説明しますね☆

汚れと洗剤の分類

汚れと洗剤は、『酸性』と『アルカリ性』に分類されます。

酸性の汚れは、アルカリ性の洗剤で緩み、アルカリ性の汚れは、酸性の洗剤で緩みます。これを『中和反応』と言い、汚れは、この中和反応を利用して落とすのが基本だよ☆

「ん~ よくわからないなぁ」

そういう人は、家庭でよくある汚れの性質と効く洗剤を表にしましたので、参考にしてください。

【家庭でよくある汚れの性質と効く洗剤】

汚れの種類 汚れの性質 効く洗剤
 油汚れ 酸性 重曹
 湯垢 酸性 重曹
 手垢 酸性 重曹
 煙草のヤニ 酸性 重曹
 水垢 アルカリ性 クエン酸
 石鹸カス アルカリ性 クエン酸
 アンモニア臭 アルカリ性 クエン酸

赤字は酸性、緑字はアルカリ性。
※重曹の代わりに『セスキ炭酸ソーダ』でもOK
※セスキ炭酸ソーダは『重曹の約10倍の洗浄能力』

例えば、レンジフードやガスコンロの油汚れには、重曹での掃除が効果的。
トイレに散った尿の臭い(アンモニア臭)には、クエン酸での掃除が効果的。
スイッチに付いた手垢には、重曹での掃除が効果的です。

興味のある人は、家で使っている洗剤の成分表示を見てください。キッチンの油汚れ用の洗剤には、アルカリ性と書いてあり、トイレの尿石除去剤には、酸性と書いてあると思いますよ。

お掃除って、化学みたいでおもしろいでしょ☆

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

facebookブログ更新情報等を配信中

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

綺麗が大好きな変人掃除魔です。住まいの掃除だけでなく、心や体などを綺麗にする自分磨きにも励んでいます。ときには真面目に。ときには不真面目に。基本的には『楽しい記事』を意識してブログを書いています。

RANKING参加しているブログランキング


TWITTERわか先生公式ツイッター稼働中!