プロペラ式換気扇を楽に掃除する方法。サクッと綺麗になりますよ!

かなり汚れていますね…。

こんなになるまで放っておくなんて…。

他人事みたいに言っていますが、この換気扇、ぼくの実家の換気扇ですw

ぼくが掃除をするのを待っているかのように汚れていたので、ササッ!とお掃除してあげることにしました。

正直な話、この程度であれば “汚れ” ではありません。
軽く乗ったホコリレベル。
余裕でサクッ!と綺麗にできます。

というわけで、お掃除開始!

楽に掃除をする準備

シンクにお湯をためる準備をします。

お湯をためる方法は色々とあります。今回は、排水口にラップを乗せて蓋をする方法を選択しました。

準備OK。

もし、蓋が緩くてラップが抜け落ちるようでしたら、スーパーのレジ袋を使ってみてください。そうすれば、抜け落ちずにお湯がたまると思います。ちなみに、今回はラップ作戦がうまくいかなかったのでレジ袋を使いました。

お湯をためる準備ができたら、給湯器の温度を60度に設定してお湯をためていきます。
ある程度お湯がたまったら、酸素系漂白剤を投入。入れる量は、大さじ3杯程度。

分解して浸け置き

シンクにお湯をためている間に、換気扇のプロペラやカバーを外します。

プロペラやカバー全体が浸かる量のお湯がたまったら、それらをチャポンと浸けて5分程度放置。その間に、掃除に使うスポンジや古歯ブラシを用意しましょう。既に用意できている人は、鼻クソをほじって鼻の掃除でもどうぞw

酸素系漂白剤を投入したお湯に浸けて約3分。
プロペラに付着した汚れが剥がれてきました。

5分経過。
プロペラを軽く揺すると・・・

汚れがペロン♪ と剥がれてこんなことに。
楽チン掃除の予感全開w

ワンポイントアドバイス
汚れの剥がれ具合が悪いときは、酸素系漂白剤を追加投入してください。投入量は、まずは大さじ1杯。更なる追加投入は、様子をみて判断してください。

このまま放置して掃除終了!
と言いたいところですが、そんなに甘くないのが換気扇掃除。
だけど、汚れとプロペラのくっ付き具合は、悪化した夫婦関係にたとえるなら離婚寸前の状態。なので、「もう、お別れしましょ♪」と言いながらスポンジで撫でるだけでスルッと汚れが落ちます。
実際の離婚も、こんなに簡単だといいんですけどねーw

スポンジが入らない角っこや小さな溝は、古歯ブラシで擦れば簡単に綺麗になります。

ワンポイントアドバイス
汚れが落ち難いときは、中性の台所用洗剤(食器洗い用洗剤)を垂らしてから擦ってみてください。落ち具合がアップすると思います。

プロペラの掃除が終わったので、ビフォーアフターをどうぞ。

汚れが落ちて綺麗になると、プロペラに付いた水滴も綺麗に見えるでしょ ^^

プロペラの掃除と同じように、換気扇カバーなど、取り外した物すべてを擦って汚れを落としたら、プロペラ式換気扇の掃除は終了で~す!

最後にもう一発、ビフォーアフターをどうぞ☆

プロペラ式換気扇の掃除は、本当に簡単です。
ぜひ、チャレンジしてみてください ^^

あ、余談ですが、掃除屋さんにお願いすると約8000円かかります。
こんなに楽に綺麗になるのにw

 

【今回使用した洗剤】

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

facebookブログ更新情報等を配信中

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

綺麗が大好きな変人掃除魔です。住まいの掃除だけでなく、心や体などを綺麗にする自分磨きにも励んでいます。ときには真面目に。ときには不真面目に。基本的には『楽しい記事』を意識してブログを書いています。

RANKING参加しているブログランキング