洗濯機の糸くずフィルターに穴が…。どの程度で交換すべきかについて

これくらいの穴なら問題ないだろう

なんの根拠もなしに、ぼく独自の判断で穴の開いた糸くずフィルターを使って洗濯をしていました。本当に問題はないのだろうか。気になったので、糸くずのキャッチ量を簡単に比べてみました。

糸くずフィルターに開いた穴(破れた部分)の大きさは、約1cm。

正直な話、これくらいの穴なら問題なく使えると本当に思っていました。が、実際に糸くずのキャッチ量を比べてみると、こんなにも差がありました。

糸くずを集めて団子状にすると、その差は歴然。

1cm程度の穴1つで、こんなにもキャッチ量が違うんですね。ちょっと予想外。

この状態で1ヵ月間洗濯を続けると、キャッチし損ねた糸くずの総量はピンポン玉3個分くらいになるかも(笑)

結論。

糸くずフィルターは、穴が空いたら即交換! ですね。いや、ネットの部分がよれて、穴が開きそう(破れそう)な感じになったら前もって新しい糸くずフィルターを買う。これが正解かな。

あ、糸くずフィルターは、インターネットで買うよりも家電量販店に注文した方がいいですよ。ネットだと、糸くずフィルターをもう1つ買えるくらいの送料がかかりますw

ついでにもう1つ。

家電量販店に注文すれば、2個セットではなく、1個だけの購入も可能です。ぼくは、穴が開いたのは片方だけだったので、1個だけ買いました ^^

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

綺麗が大好きな変人掃除魔です。住まいの掃除だけでなく、心や体などを綺麗にする自分磨きにも励んでいます。ときには真面目に。ときには不真面目に。基本的には『楽しい記事』を意識してブログを書いています。

facebookpageフェイスブックページ



RANKING参加しているブログランキング