子供に部屋の片づけを教えるのは『親の仕事』だよ

部屋の片づけは、子供が小さいうちに教えなければなりません。

「成長すれば、自然と片づけるようになるだろう」

なんて悠長なことを言ってたら、片づけのできない大人になってしまいます。
片づけをしない子供の代わりに、親が片づけをするなんてのはもってのほか。

そんなことをすると、片づけないのが “あたり前” の大人になります。

こうなったら、厄介ですよ。

「片づけをしましょう」って言っても、親が片づけるのがあたり前になっているから、なぜ、自分が片づけをしなければならないのかを理解できない。

おひとり様で生きていかせるのなら、ぶっちゃけ、部屋が綺麗だろうが汚かろうが関係ありません。片づけをしないからといって死ぬわけじゃないので。だけど、結婚をして、家族という組織の中で生きてもらいたいのであれば、部屋の片づけは必須です。

理由は、部屋の片づけは、家族が快適に暮らすためのマナーと礼儀だからです。

子供に部屋の片づけを教えるからといって、特別なことをやる必要はありません。
教えるのは、基本的に、次の2つです。

  1. 使った物を元の場所にきちんと戻す。
  2. 新しい物を買ったら古い物を処分する。

あとは、親であるあなたが、収納しきれない物を買い与えなければOK!

言わなくてもわかると思いますが、既に散らかって物で溢れている場合は、しっかりと物を減らし、すっきり綺麗に片づけてから教えてあげてくださいね。

最後にひとこと。

片づけができる親は、「片づけなんてできて “あたり前” 」だと思いがちです。
子供が成長するに連れ、自然にできるようになると思いがちです。

だけど、片づけは、教えてあげなければできない技術の1つです。

なので、優しく丁寧に、根気よく子供に教えてあげてくださいね ^^

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

facebookブログ更新情報等を配信中

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

綺麗が大好きな変人掃除魔です。住まいの掃除だけでなく、心や体などを綺麗にする自分磨きにも励んでいます。ときには真面目に。ときには不真面目に。基本的には『楽しい記事』を意識してブログを書いています。

RANKING参加しているブログランキング


TWITTERわか先生公式ツイッター稼働中!