西日本豪雨災害で『親と遠く離れて暮らすデメリット』を痛感

西日本を襲った豪雨は、田舎にあるぼくの実家にも爪痕を残した。
実家のすぐ裏にある斜面が、部分的に崩壊。

下の写真は、小屋の裏にある斜面。
雑草が一面に生えた緑色の斜面でしたが、崩れ落ちて土が剥き出しになりました…。

母屋の裏の斜面も同じような感じで『2箇所』崩れました。

崩れた斜面の上には、もう1つ斜面があるんだけど、そこの斜面も崩れました。

3つの写真を見て、気づかれた人もいらっしゃると思います。

崩れ落ちた土砂は、誰がどこへ撤去したのか。

『親と遠く離れて暮らすデメリット』とは、そこなんです。

実家には、74歳の父が1人で住んでいるんだけど、3日間かけて『父が1人で』土砂を撤去したんです。

小屋の裏と、

母屋の裏から、

74歳の父が、1人で全部撤去しました。

撤去した土砂の量は、2tトラック約5台分。

母屋の裏には、土砂を積んだ一輪車を通すための『道』が作ってありました。

大変な作業だったと思います。
74歳という高齢ですからね…。

親と遠く離れて暮らし、遠くの町で家庭を持つ。

そんなことをやったら、親のことが心配になっても、すぐには実家へ帰れません。
親の負担を減らし、親に楽をさせてあげることができません。

町へ出て暮らすと、親のためにあれこれできなくなるのは、ある程度予想していました。

だけど、実際に親が歳をとり、日常生活を送るのが少しずつ大変になる現実を見ると、予想をしていたよりも自分の気持ちへの『後悔のようなダメージ』が大きいです…。

親と遠く離れて暮らすデメリットを痛感しました。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

facebookブログ更新情報等を配信中

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

綺麗が大好きな変人掃除魔です。住まいの掃除だけでなく、心や体などを綺麗にする自分磨きにも励んでいます。ときには真面目に。ときには不真面目に。基本的には『楽しい記事』を意識してブログを書いています。

RANKING参加しているブログランキング