愚痴を言ってはいけない理由

理由は簡単です。

人生の流れが悪くなるからです。

なぜ、愚痴を言うと人生の流れが悪くなるのか。
この理由も簡単です。

愚痴を言うと、人生の流れを悪くする『マイナスの波動』を引き寄せるからです。

「マイナスの波動を引き寄せる???」

なんて人もいらっしゃると思うので、簡単に説明しますね。

“マイナスの波動を引き寄せる” とは

この世には、とてもおもしろい仕組みがあります。
その仕組みとは、これ。

ーー

マイナスな言葉を発した人の体からは『マイナスの波動』が発せられる。そして、その波動が、この世を流れる『マイナスの波動』を引き寄せる。

引き寄せたマイナスの波動は、人生の流れを悪くする波動なので、引き寄せれば引き寄せるほど人生の流れが悪くなる。

ーー

というおもしろい仕組みです。

あなたの身近に、愚痴の多い人がいたら、この仕組みとその人を照らし合わせてみてください。笑っちゃうくらいピッタリと合いますよ。

Aさんは、愚痴ばかり言っている。だから、Aさんの体からは、『愚痴というマイナスの波動』がバンバン発せられている。その結果、愚痴というマイナス波動を引き寄せ、更に愚痴を言いたくなるような出来事が起きている。で、人生の流れが悪くなっている。

ほらw

だから、愚痴は言っちゃいけないんです。

愚痴は絶対に言ってはいけないのか

そんなことはありません。

『愚痴を言う』という行為は、人間にのみ与えられた行動の1つです。なので、たま~になら言ってもOK。

愚痴を言って、ストレスを発散することも大切ですからね。
だけど、愚痴を言ったときは、気づいてください。

愚痴を言っても、自分の人生の流れがよくなるわけではない。
愚痴を言ったら、その分、自分の人生に損を与えている。

ということに。

あ、この記事の説明で『愚痴を言ってはいけない理由』がわからなかった人は、毎日愚痴を言ってください。そうすれば、苦い経験を通じて理由を知ることができますよw

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK