ガスコンロの『バーナーキャップ』を掃除してみた

ガスコンロの火が『歯抜け状態』になる。

それもそのはず。
14年間、一度もバーナーキャップの掃除をしていないのですからw

というわけで、人生初のバーナーキャップ掃除を始めたいと思います!

お掃除スタート

バーナーキャップの掃除に使用する道具は、真鍮ブラシ。

まずは、バーナーキャップを取り外します。
我が家のキャップは、つまんで引っ張るだけで外れました。

汚れのない状態を覚えていないので、汚れているのかどうかわかりません。
焼け焦げてるだけに見える。

これが汚れかな?

と思いながら真鍮ブラシで軽くゴシゴシ。

この焼け焦げが汚れと判明。
3回擦っただけで、焦げがボロボロと落ちました。

汚れがあるとわかれば、掃除魂スイッチON!

ゴシゴシ擦ったら、おもしろいくらい焦げが落ちます。
めっちゃ楽しい♪

せっせと擦ること1分。
これだけの焦げを落としました ^^

バーナーキャップのビフォーアフターは、こんな感じ。

掃除の結果は、ほとんどわかりません。
こんなので火が全部点くようになるのだろうか。

ガスコンロの火を点けてみると・・・

お~!
一発で全部点いた。

しかも、火の勢いが掃除前よりもいい。
ビフォーアフターでご覧あれ!

ガスコンロが生き返ったようで気持ちいい♪

バーナーキャップの掃除をやったことのない人は、ぜひ、やってみてください ^^

あ、ぼくが使用した真鍮ブラシなんだけど、古い商品なのでしょうか。ネットで探しても見つかりません。なので、リンナイ(ガスコンロメーカー)で紹介されていたガスブラシのリンクを貼っておきます。

ガスブラシ(amazon)
ガスブラシ(楽天)

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK