ガスコンロの『グリル窓』を自然原料100%の洗剤で掃除してみた

シシャモを焼いたら、一発KO。

グリルの中で、パツン! パツン! と小爆発をするシシャモ。

グリル窓を見てみると、こんなことにw

「え!? 汚れてないじゃないですか」

それはですねー、遠目で写真を撮っているからです。
近くで見ると・・・

ズッシャ~ンw

グリル窓を取り外して、透かして見ると・・・

汚れで窓の向こうが見えませんw

当然のように、違う角度でも見えません。

見えるようにする唯一の方法は、掃除をするしかありません。

というわけで、掃除魂スイッチオン☆

お掃除開始!

グリル窓の掃除は、超簡単。

まずは、グリル窓を取り外し、シンクへ持って行きます。

グリル窓に、わか先生愛用の洗剤『とれるNO.1』を、シュッシュッシュッ。

あ~、いいわぁ。
米糠の匂いがする。
さすがは、自然原料100%の洗剤とれるNO.1☆

米ぬかの匂いを楽しんだら、スポンジでゴシゴシ。

スポンジに ” コリコリ ” という感触で引っ掛かる汚れ。
擦るに連れて ” コリコリ ” が減り、ツルツル感に変わる。

汚れが落ちるこの過程、楽しすぎる~♪

あ、ごめんなさい。
気持ちを表に出し過ぎましたw

窓の表と裏、周辺の金属をすべて擦ったら、水ですすぎます。

はい、以上で掃除完了でございます!

さて、どれくらい綺麗になったのでしょうか。
結果は、ビフォーアフターでご覧ください。

2連発でどうぞ!

【1発目】

【2発目】

窓越しに『小口のバーナー』が確認できます。

窓越しの視界は、鮮明になりました~☆

これで、次にシシャモを焼くときも『小爆発』が見れます ^^

今回使用した洗剤

自然原料100%の洗剤『とれるNO.1』

とれる No.1 スプレータイプ 500ml
成分:有益微生物・米ぬか・フスマ(麦のぬか)・水

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK