腰痛持ち必見!? 早朝掃除の『時間短縮』に成功したよ!

20分で終わっていた。

腰に気を遣わずにやっていたときは、20分で終わっていた早朝掃除。

それが、腰に負担を掛けない方がいい状態だとわかり、腰をかばうようになってからは、プラス10分の時間が必要になりました。

わずか10分だけど、朝のプラス10分は、掃除後の日課に影響が出るんですよねー。

なんとかせねばと思い、時間短縮を試みたら、いい感じで成功しました。
ちなみに、短縮できた時間は『10分』です!

というわけで、何をどうやったのかを紹介したいと思います ^^

時短のために見直したこと

見直したのは、以下の3つです。

  1. 物理的な速度
  2. 中腰の回数
  3. 一度にできる作業

箇条書きだと意味不明だと思うので、少し詳しく解説しますね。

あ、解説を始める前に、ぼくがやっている早朝掃除の内容を紹介します。その方が、時短成功の感動をより得られると思いますので。

わか先生の早朝掃除内容

  • フローリングワイパーで床掃除(リビング・廊下・わか先生の仕事部屋)
  • トイレ掃除(棚拭き・タンク拭き・便器の外側拭き・便器の内側掃除・床拭き)
  • 玄関掃除(箒で砂を掃いて回収・雑巾で三和土を拭く)
  • バルコニーの板場掃除(全長約5mの板場を雑巾掛け)

腰をかばい始める前は、これらを『20分』でやっていました。

掃除内容はこれくらいにして、見直した内容の説明を始めたいと思います。

見直した内容の詳細

1.物理的な速度

物理的な速度とは、掃除道具を動かす『スピート』です。

ぼくが使っている掃除道具で、最も長い時間動いている道具は、以下の2つ。

  • フローリングワイパー
  • 雑巾

今までは、時間を気にせず動かしていましたが、『早く動かしても綺麗になる速度』まで上げました!

2.中腰の回数

中腰の姿勢に意識を向けてみたら、減らせるところが結構ありました。

1つ目は、掃除を始めるときの『雑巾を置く位置』です。

今までは、箒と塵取り、雑巾の3つを玄関マットに置いてから、リビングなどの床掃除を始めていました。このうち、雑巾は、使う前に洗面所で濡らすので、玄関に持って行かずに、最初から洗面所に持っていくように切り替えました。これで1つ、中腰での動きが減りました。

2つ目は、トイレ掃除のときの中腰姿勢の改めです。

今までは、次のような流れでトイレ掃除をやっていました。

  1. 棚を拭く
  2. 中腰でタンクを拭く
  3. 腰を下ろして便器の外側と内側を掃除する
  4. 中腰でタワシが入っている入れ物を廊下に出す
  5. 中腰でマットとスリッパを廊下に出す
  6. 床に置いたトイレットペーパーにフローリングワイパーを載せて床掃除
  7. 腰を下ろして床拭き
  8. 中腰でタワシの入れ物を元に戻す
  9. 中腰でマットとスリッパを元に戻す

太字で示した中腰での作業をやめて、すべて『膝立ち』でやる方法に切り替えました。

補足説明
作業によっては『四つん這い』。床の拭き掃除は、腰をかばう状態になったときから『四つん這い』でやっています。

その結果、腰をかばってスローになる動きが減り、かなりの時間を短縮できました。

3.一度にできる作業

腰に痛みが出やすい状態になると、真っ直ぐ立って、真っ直ぐ腰を下ろす、という動きをしなければなりません。そうしなければ、腰に負担が掛かって痛みが出るからです。

というわけで、早朝掃除のすべてにおいて、1回腰を下ろしたら、その状態でできる作業を『まとめて』済ますようにしました。

意識してやってみたら、「今まで、無駄な動きを結構やってたんだなぁ」って、ちょっぴり驚きました。これ以上は効率化できない!と思ってたので。

時短に成功して思ったこと

お掃除の時短は、本気で挑めば可能である!

そう思いました。
変人掃除魔わか先生、ちょっぴり成長した気分です ^^

あ、今現在、腰に痛みがない人でも、腰に負担を掛けない掃除を意識した方がいいですよ。痛くなってから治すのは大変だし、自力では治らないこともありますからね。

人間の体は消耗品。

体を大切にして、末永く、お掃除を楽しみましょう ^^

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

午前5時から掃除を楽しんでいる "変人掃除魔" です。2018年現在、早朝掃除歴は10年、トイレ掃除歴は13年。お掃除の原動力は、持って生まれた綺麗好き☆

RANKING参加しているブログランキング


TWITTERわか先生公式ツイッター稼働中!