フローリングに『ビニール製のマット』は敷かない方がいい

ガ~ン…。

フローリングに敷いている、この『ビニール製のマット』。

ペロンとめくったら

こんなことになっていました。
めっちゃ汚い…。

子供が小さいときに、食べこぼしでフローリングが汚れないようにと敷いたマットなのですが、食べこぼし以外でしっかりと汚れていました。まさか、こんなことになるとは思いもしませんでした。
ちなみに、マットを敷いていた期間は『10年』です。

幼かった子供も小学5年生になったので、マットを撤去する!

というわけで、ガチガチに汚れたフローリングの掃除スタート ^^

まずは、大まかな汚れを掃除機で吸い取ります。
グオ~ン

吸い取ったら、次は、フローリングにこびり付いた『凸凸』の汚れを取ります。
どうやって取るのかといえば、プラスチックのヘラで削ぎ落す!

樹脂製スクレーパー プラケレン H-90
全長:150mm 先の幅:90mm

汚れた部分をシャカシャカと擦ったら、大量の汚れを削ぎ落とせました☆

削ぎ落した細かい汚れが残っていてはいけないので、再度、掃除機を掛けます。

掃除機を掛けたら、次は、フローリングの汚れを擦り落とします。

擦り落とすときの洗剤は、わか先生愛用の『とれるNO.1』に決定☆

とれるNO.1に決めた理由は、米ぬかのワックス効果を期待できるからです。
自然原料100%の洗剤なので、手肌に優しく掃除ができて一石二鳥 ^^

とれる No.1 スプレータイプ 500ml
成分:有益微生物・米ぬか・フスマ(麦のぬか)・水

「自然原料100%の洗剤で綺麗になるの?」

そんな声にお答えしたく、試しに擦ってみました。
結果は、ビフォーアフターでご覧ください。

自然原料100%とは思えない仕上がりでしょ ^^

綺麗になることがわかったら、掃除のやる気は MAX !

フローリングにスプレーして、擦る、擦る、擦る。
とにかく擦る!

いつ終わるかなんてことは考えずに、目先の汚れに集中!

ゴシゴシ
ゴシゴシ
ゴシゴシ

せっせと擦ること2時間。

長時間に及んだ掃除結果は、ビフォーアフターでご覧ください。
どうぞ。

10年ものの汚れは、見事に消え去りました☆

もう、フローリングに『ビニール製のマット』は敷きません。
掃除は楽しいけど、あんなに汚れるのは嫌なので ^^

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

午前5時から掃除を楽しんでいる "変人掃除魔" です。2019年現在、早朝掃除歴は11年、トイレ掃除歴は14年。お掃除の原動力は、持って生まれた綺麗好き☆

RANKING参加しているブログランキング


TWITTERわか先生公式ツイッター稼働中!