ユニットバスの『エプロン』を外して掃除するぞ~!

3年ぶりです。
ユニットバスのエプロンを外して掃除をするのは。

悲惨な状態になってるんだろうなぁ。
外すのが怖いw

だけど、外さないと掃除にならないので外します!

あ、エプロンっていうのは、バスタブの前面に付いているカバーです。

まずは、エプロンの両端にはめてある固定具を外します。

特別な道具はいりません。
ゴムでできているので、指をグニュっと入れて引っ張れば外れます。

わお!
すごい汚れが登場w

両端の固定具を外したら、次は、排水口のところにあるカバーを外します。

取っ手を引っ張れば、簡単に外れます。

せ~の、よいしょ。

注意事項
カバーを外したら『エプロン』がガタッ! と下にズレ落ちることがあります。なぜ、ズレ落ちるのかというと、両端の固定具を外しているからです。カバーを外すときは、エプロンを手で押さえた状態で外しましょう。ぼくは、ガタッ!と下にズレ落ちましたw

固定具とカバーを外したら、エプロンを掴んで、ゴトゴトと動かせば外れます。

エプロンを外したら、掃除の邪魔にならないところに置いておきます。
ぼくは、バスタブの中に立てた状態で置きました。

さあ、エプロンを外したので、中の様子を見てみましょう。
あ、すごい汚れが現れると思うので、心の準備をしておいてくださいw
いきますよ~。

ドドン!

髪の毛、柔らかい水垢。そして、カビ。
ちょっとショック…。

もちろん、反対側も同じような状態です。
汚れを載せれるのは『掃除ブログの特権』だけど、何だか心が痛みます…。だけど、載せないといけないような気がするので、載せちゃいますw
はい、どうぞ。

3年間も掃除をしなかったら、こんなことになるんですねー。
お掃除の大切さを痛感しております。

このまま汚れを眺めても先に進まないので、お掃除を始めたいと思います!

お掃除スタート☆

まずは『髪の毛』を回収します。
ティッシュを使いたいところだけど、3年間掃除をしなかった反省をしなければならないので、素手でつまみ取ります!

うわぁ。
強烈。
助けて…。

お母さ~ん ( T-T)

あ、良い子のみんなは、ティッシュを使ってねw

髪の毛を回収したら、シャワーで汚れに水を掛けながら『古歯ブラシ』で擦ります。

ゴシゴシ。
ゴシゴシ。

あは♪
汚れがスルスル落ちる~。
おもしろいわぁ。
これぞ、お掃除の醍醐味 ^^

奥の方にも手を突っ込んで、古歯ブラシでゴシゴシ。
無理のない範囲でゴシゴシ。
忘れないように、固定具もゴシゴシ。

ある程度擦ったら、今度はこいつの出番です。
我らのヒーロー、カビキラー☆

汚れた部分に、シュッシュッシュッシ。

え?
スプレーしすぎ?

いやいや、これくらいやらないと綺麗になりません。

奥の方にも、シュッシュッシュッ!
気になるところに、シュッシュッシュッ!

握り過ぎて指がだるい…。
こういうときに『電動式』があると便利かも。
こういうやつ。
↓ ↓ ↓

カビキラー電動スプレー
電動スプレー本体 750g(カビキラ―約2本分)

今から買いに行くわけにはいかないので、頑張って握る!

シュッシュッシュッ。
シュッシュッシュッ。

左手に持ち替えて、シュッシュッシュッ。

エヘヘ。

反対側も奥の方も、固定具も、モッコモコの泡だらけにしてやったぜw

握り疲れたので、汚れが落ちるまで休憩。

ーー

チッチッチッ、チ~ン。

20分経過。

ーー

さて、カビキラーを洗い流すとしますか。

シャ~

奥の方も、シャ~。

カビキラーをスプレーしたところを綺麗に洗い流したら、お掃除完了!

さて、あの強烈な汚れは、どれくらい綺麗に落ちたのでしょうか。
結果は、ビフォーアフターで御覧ください。

まずは、固定具から。
どうぞ。

カビキラー、ナイス☆

次は、強烈に汚れていた部分。
まずは、左側から。
ほい♪

スッキリ真っ白☆
ひゃっほー!

最後は、右側の汚れ。
どうぞ!

キャ~!
スッキリサッパリ、気持ちいい♪

サイコ~☆

な~んて思っていただけたら、今回の掃除も『大成功』です ^^

さいごに

エプロンを外すのが初めての人は、ちょっと苦戦するかもしれないけど、一度外したら「な~んだ。簡単じゃん」って言ってしまうくらい簡単に外せます。興味が湧いた人は、チャレンジしてみてください☆

以上をもちまして、ユニットバスのエプロンを外しての『お掃除』を終了します。

バイバ~イ☆

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

午前5時から掃除を楽しんでいる "変人掃除魔" です。2022年現在、早朝掃除歴は14年、トイレ掃除歴は17年。お掃除の原動力は、持って生まれた綺麗好き☆

RANKING参加しているブログランキング


スポンサーリンク