部屋を綺麗に片づけて『人生の流れ』が好転した話

ズヤ〜ン

こんな言葉が似合う部屋に、一度だけしたことがあります。

テレビのリモコンは、床にコロン。
脱いだ服は、そのまま床にバサッ。
ベッドの掛布団は、グッシャグシャ。
部屋のカーテンは、99%閉まったまま。
読んだ本は、床にバサバサ。
足の踏み場はあるけれど、まるで迷路。

散らかり放題で、まさに『ズヤ〜ン』な部屋です。
そんなズヤ〜ンな部屋の状態で、約3ヶ月生活しました。

正直な話、だらけた汚部屋生活が、こんなにも楽チンだとは思いませんでした。

しか~し!

そんな生活をして、順風満帆な人生を送れるほど、この世は甘くありませんでした。待ってましたと言わんばかりに、汚部屋に住み着いた貧乏神が調子にのって大暴れ。

ぼくの人生は、『ズヤ〜ンな人生』に急降下。

人生の流れに異変発生

彼女ができる

「若林君さえよければ、私とお付き合いを♪」

突然の愛の告白に、汚部屋住人わか先生は、鼻の下を伸ばしてOKの返事を返す。
が、これが悲劇の始まりでした。

ななな、なんと!

二股を掛けられて、約2ヶ月で恋は終了。
チ~ン!

ぼくの心はボロボロになりました。
汚部屋で落ち込み、へたれこむ。
二股を掛けた彼女は、元彼と仲良くラブラブパラダイス。

俺って・・・
俺って・・・

俺って一体、なんだったんだー!

汚部屋に住み着いた貧乏神は、ぼくがそんな状態になっても手を緩めなかった。

パワハラ

ちょうどその頃からです。
上司のパワハラを受け始めたのは。

2人1組で働く仕事だったので、勤務表を見るたびに溜息をついていました。

失恋で心がボロボロになるのは、まだ可愛い方です。パワハラで心を折られ、精神的な攻撃を受けると、まるで自分が駄目人間かのような気になってくるのです。

約1年、そんな悲惨な日々を送りました。

転機が訪れる

貧乏神に導かれるように汚部屋へ帰ったある日。

「部屋、汚いな・・・」

って思いました。

昔は綺麗好きで、同僚や先輩から褒められるくらい部屋を綺麗にしていたのに、どうしてこんな部屋になってしまったのだろう。

そんなことを考えていると、なぜだか、急に片づけをしなければならないという気持ちになりました。貧乏神が油断している好きに、掃除の神様が手を差し伸べてくれたのかもしれません。

掃除魂全開

どうせ片づけるのなら、徹底的にやってやる!

掃除魂が目覚めたぼくは、部屋のカーテンを開けて、まずは、窓を全開にしました。散乱した衣類は、洗濯をして綺麗に畳み、読まない本は処分。ベッドの掛布団を畳んで押し入れに入れました。

そして、タンス以外の家具を全捨て!

5万円用意し、部屋の雰囲気に合い、且つ、自分が本当に気に入った必要最低限の家具を新たに買いました。

掃除魂全開で片づけること2日。

見違えるくらいスッキリ綺麗に片づいた部屋に大変身☆

汚部屋はNG

汚部屋から綺麗な部屋に戻ったら、「本来の自分を取り戻した!」という気分になり、部屋と自分の中から、ズヤ〜ンとしたマイナスのようなものが消えました。同時に、シャキン!とした自分になりました。そして・・・

恋愛運が向上し、パワハラもなくなりました。

人生の流れ大好転☆

ぼくは、自らの体験で学びました。
散らかった部屋は、間違いなくNGです。

「人生の流れがおかしいかも・・・」

と感じたら、今すぐ部屋を見渡してください。
そして、散らかっていたら、早急に片づけをしてください。

あなたの人生の流れも、きっと好転しますよ ^^

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

午前5時から掃除を楽しんでいる "変人掃除魔" です。2022年現在、早朝掃除歴は14年、トイレ掃除歴は17年。お掃除の原動力は、持って生まれた綺麗好き☆

RANKING参加しているブログランキング


スポンサーリンク