ザ・削り地獄! 壊れたマグカップを湯呑に変身させてみた

「父さん、壊れた・・・」

小学4年生の息子が涙目で訴えてきた。

あらら。

息子お気に入りの『マグカップの取っ手』がバキン!

ぼく:接着剤で付けてもまた取れるかも

息子:大好きなカップなんよ…

ぼく:だったら、折れた部分を削って『湯呑』みたいにするか!

息子:それ、いいかも!

てなわけで、ヤスリで削って湯呑に変身させることにしました ^^

使用したヤスリは、以下の2つ。

  • ダイヤモンド精密ヤスリ
  • 耐水ペーパー

サッサと削って、息子のマグカップを湯呑に変身させてやる!

ゴリゴリ
ゴリゴリ

楽勝、楽勝♪

と思いきや。

あれ?
削れている手応えはあるのに、折れた部分の出っ張りが減らない。

削り始めて2分。
何となく嫌な予感がし始める。

ゴリゴリ
ゴリゴリ

削り始めて20分。

やばい、全然削れない。
めちゃめちゃ硬いじゃん。
1時間じゃ終わらないかも…。

削り始めて1時間30分。
ようやくここまで削れました。

夕食の準備時間に掛かってしまったので、本日の削り作業はこれにて終了。

 

チュンチュン(スズメの鳴声)

 

一夜明けて、再び作業開始。

ちきしょー!
削っても削っても、削れていないような気がする。
指で触たら確かな出っ張りがある。
というか、触らなくても目視でわかる…。

湯呑への変身なんて提案するんじゃなかった。
息子は「お!珍しいポケモンが現れた」な~んてことを言いながらニンテンドースイッチで遊んでいるし。ちきしょー!

こうなったら、変人削り魔になるしかない。

開き直って削ること1時間。
ついに、ダイヤモンドヤスリから解放されました~!

耐水ペーパーで仕上げ作業に移行。

冷たい水が、削り地獄で疲労した心を癒してくれますw

耐水ペーパーで擦って思った。
仕上げ作業なんていらない。
十分ツルツルになっているw

というわけで、すべての作業終了~!

トータル2時間30分にも及ぶ削り作業の成果を見てください。
変人掃除魔わか先生の努力の結果を見てください!

息子よ、見ろ!
素晴らしいだろ!

息子:やっと削れたね

ぼく:そ、そ、それだけか…。

こういう作業の感動や達成感は、やった人間にしかわかりませんからね。

誰にも褒められない。
誰にも感謝されない。
そんなトイレ掃除歴を続けること14年。
変人掃除魔わか先生は、反応が薄いのには慣れっこでございます ^^

それにしても、硬かったわぁ。

あ、削り作業に挑戦したい人は、目の粗いヤスリで一気に削って、仕上げでダイヤモンド精密ヤスリを使ってください。最初から精密ヤスリを使うと、削り地獄に堕ちますよw

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

わか先生

午前5時から掃除を楽しんでいる "変人掃除魔" です。2019年現在、早朝掃除歴は11年、トイレ掃除歴は14年。お掃除の原動力は、持って生まれた綺麗好き☆

RANKING参加しているブログランキング


TWITTERわか先生公式ツイッター稼働中!