鏡に付いた『指紋』を楽に綺麗に掃除するぞ~!

我が家の玄関には、大きな鏡があります。
ぼくは触らないようにしているんだけど、妻と息子(中学1年生)は容赦なくベタベタ。

靴を履くときに、鏡にタ~ッチ!
鏡を開け閉めするときに、タ~ッチ!

で、鏡は手の脂や指紋でこんなことに…。

え?
指紋なんて見えない?
これはですね、撮影の角度が Good で見えにくいだけです。
下の方から覗き込むように見ると・・・

ベタベタズロ~ン

取っ手近くに、見事なまでに手の脂や指紋が集中攻撃w
写真だから少なく見えますけど、実際に見たらすごいですよ。綺麗好きな精神が凹むくらいすごいです。

でも、凹むのは発見時のみ。
すぐに掃除魂がメラメラと燃え上がって、お掃除やる気MAXになります☆
といわけで、鏡の指紋掃除スタート!

鏡の指紋掃除に苦戦している人って多いと思いますが、実は、鏡に付いた指紋は『アルコール水』で楽に落とせるんです☆
まずは、水で約10倍に薄めたアルコール水を用意します。

これを鏡にスプレー(霧吹き)でスプレーします。

シュッ
シュッ
シュッ

アルコール水が垂れ落ちない程度に、シュッシュッシュッ。

鏡にスプレーしたら、乾いたタオルにチェンジ!

鏡に付いた指紋をゴシゴシ、キュッキュッ。

擦るときのイメージは、アルコール水を塗り広げて、鏡を磨きながら乾燥させるような感じです。そうすれば、上手に綺麗にできますよ ^^

補足説明
アルコール水は、水よりも早く水分が飛んで乾燥します。なので、少し急いでゴシゴシしないといけません。まぁ、アルコール水が乾いて消えたら、再度スプレーすればいいだけの話なんですけどねw

鏡全体をゴシゴシしたら、色々な角度から鏡を見て『拭き残し』がないかをチェック。

ん~

手の脂と指紋の付着量が多かったのでしょうか。白い拭き跡が結構残ってる。

が、拭き跡なんて楽勝です。だって、タオルの乾いた部分で鏡を磨くようにゴシゴシすれば落ちるんだもん。というわけで、仕上げ磨きとして鏡をゴシゴシ、キュッキュッ。

よし。
拭き跡は完全抹殺☆

さて、アルコール水を使った『鏡の指紋掃除』は上手くいったのでしょうか。
結果は、ビフォーアフターで御覧ください。
どうぞ。

指紋などが綺麗に消えて、天井の照明が鏡に綺麗に映るようになりました☆

今回は、鏡に付いた手の脂や指紋を掃除しましたが、窓ガラスに付いた指紋や、ガラステーブルに着いた手の脂なども『アルコール水』で同じように楽にお掃除できます。どれくらい楽にできるのかは、実際に試してみてください。

「え~! こんなに楽に綺麗にできるなんて♪」

と感動するくらい楽にお掃除できると思います ^^

最後に1つ。

アルコール水を多めに作って、いつでも使えるようにスタンバイしておくと便利です。腐るものではありませんし、密閉されているのでアルコールが抜けてしまうこともありません。手指の消毒にも使えますしね ^^

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

PROFILEこのブログを書いている人

午前5時から掃除を楽しんでいる "変人掃除魔" です。2022年現在、早朝掃除歴は14年、トイレ掃除歴は17年。お掃除の原動力は、持って生まれた綺麗好き☆

RANKING参加しているブログランキング